タグ別アーカイブ: ボディビルダー

念願のボディビル界に進出!

ジャイロトニック®とジャイロキネシス®とヨガをこよなく愛し

同じくらいウエイトトレーニング、いわゆる”筋トレ”も愛する

ジャイロ界では異端児なワタクシですが

ついにっ!ついにっ!!

ボディビル界にも進出ですっ!!!!!!!

 

って言っても、私がボディビル大会を目指す訳ではなく(^^;

ボディビル大会出場経験を持つマッチョ男性に

念願叶ってジャイロトニック®を提供できた!っというお話です(^^;

 

ジャイロトニック®メソッドの説明では

ダンサーのリハビリ目的で~と表されることが多く

ご紹介動画を見ても(これは字幕なしのショートver。一番下のリンクに字幕付きあります)

 

”ふにゃふにゃ動いてるけど、アレ何に効くの?”

などと聞かれることも多く、特に「ザ・トレーニング!」が好きな男性には

受け入れられづらいメソッドですが

ヘビーウエイトを扱い、関節を詰めちゃうボディビルダーなどは

絶——対にやったほうがいい!!と

以前から声を大にして叫んでおりました。

 

いわゆる筋トレは関節同士を近づける動き。

筋肉が縮みながら力を発揮します(コンセントリック収縮

これによって筋肉が盛り上がり

たくましい腕や発達した胸板で強そうな体をつくることができますよね。

 

これに対して、関節同士を離す=筋肉が引き伸ばされる動きを

エキセントリック収縮といいます。

筋肉が引き伸ばされるのはストレッチじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが

重りや抵抗など負荷をかけずに伸ばすのがストレッチで

筋肉に力が入ったまま引き伸ばされる収縮=エキセントリック収縮となります。

 

またアイソメトリック(等尺性収縮という、体幹トレーニングなどで行われるような

体を静止したまま耐える動き=筋肉に力を入れた一定の状態をキープして行うトレーニングもあります。

 

かなりざっくりした説明ですが(^^;

”筋トレする”といっても種類が違うのが判っていただければそれでOK!

ジャイロトニック®ではエキセントリックまたはアイソメトリックの動きが多用されています。

 

それらの違いを一旦頭に入れてから、もう一度動画を観てみてください。

抵抗をかけながら動いているのに、こんなに滑らかに動けてるの~~~?!

そうです。このハンドルも重りも、結構な負荷なのですよ!

ふにゃふにゃ見えるように動くのがどれほど大変なことか

やった人にしか判らないこの動画の人たちの躍動感!!!!

 

筋肉を伸ばしながら動かすので鍛えながらも関節に対するプレッシャーがなく

むしろ関節可動域を広く使える体になるため

より楽に、姿勢よく、堂々とした体つきになれます。

 

体験してくれたマッチョ男性は最初はハンドルを回すのにも一苦労。

ですが終わった後には無理に体を反らさずとも自然と胸を張った状態になり

鍛え上げた大胸筋もいつも以上に堂々として見えましたよ(^_-)-☆

滑らかな関節の動きになれば、ボディビル大会のポージングだって美しくなり

きっと来年のコンテストではスポットライトを浴びまくることでしょう♪♪

 

鍛えると同時にコンディショニングを整えることができるジャイロトニック®は

忙しい現代人の男性にこそ!受けていただきたいメソッドなのです。

 

 

千葉県浦安市 ジャイロトニック®️スタジオ

Studio earlybird のEmikoでした(*^^*)

***************************************************

本部公式 動画はこちら↓

【ジャイロトニック®️メソッド 日本語訳】

***************************************************

 

時代♪【Therapeutic Application/Day3】

♪廻る〜〜廻る〜よ 時代は廻る〜〜

と、研修3日目の脳内テーマ曲は中島みゆきさんの時代。

3日目ともなると急に動きの複雑さが増し、体も頭脳も大混乱(@_@)

デモンストレーション役の仲間が、先生の誘導で動く姿が

腕が引き裂かれててる?!(◎_◎;)あの角度は無理!!

と思ってTRYしてみたら、あれ??

動くのは別に難しくない??(誘導役は難しいです^^;^^;^^;)

トビウオの羽のように後ろ手の位置からグルリと腕を抜くような動きですが

体が正しく動くことを認識したら、♪時代を歌いながらぐるぐると回すことが出来ました(笑)

文字にすると何が何だか判らないとは思いますが^^;

スタジオにて私が歌いながらデモいたしますい♪(v^_^)v

 

そんなこんなな三日間、得るものが本当に沢山ありました。

特に今回の肩周辺/肩甲骨周辺は、40肩50肩に悩む方だけでなく

柔道やレスリングなど、コンタクトスポーツで肩の脱臼が癖になっている人や

ハードな筋トレ、ウエイトリフティングやボディビルダーなど

筋肥大によって可動域が狭くなっている人は、痛みがなく競技を続ける為に

その競技人生を長く続ける為にも必須だと思いました。

 

そして!3日間の驚愕のビフォアフター!!

昨日のブログで背中写真を協力してくれたAYAKOさん。

2日目の写真がこちら↓

r

そして3日目、昨日の最後の背中に注目!!↓

s

肩甲骨の位置も、肩のラインも

何より背中全体のバランス、美しさが更に増してるー!!!

Ayakoさん、沢山のデモもお疲れ様でした!ありがとう(*^^*)

 

ビフォアは撮っていませんでしたが、最後に私のアフター写真も↓

まだまだもっと肩も開けそう♪

これをビフォアとして、進化し続けますよー!

 

肩周りのお悩みを抱えている人は、ジャイロトニックやりましょう!

***************************************************

千葉県浦安市 ジャイロトニックスタジオ

Studio earlybird のEmikoでした(*^^*)