タグ別アーカイブ: 背骨

とにかく弛める〜風邪の効用〜

先週末あたりから珍しく

『疲れてるなぁ…』な気分が抜けず

物凄く久しぶりにアロママッサージに行ったり

お酒を控えてみたり

ジャイロトニック®️とは違う方向から

背骨の奥まで呼吸を届けてみようと

昨日はヨガに集中!

で、こんな事や

こんな事もやりつつ

 

色んなポーズでじんわり体を観察していたら

やってきました“ザ・悪寒

『あー熱が出るぞ!』という気配の体をサポートするために

帰宅後は入浴発汗!&ご飯は初夏なのに鍋!!

 

で、今朝は36.3度。もう平熱です♪

 

私が感銘を受けた書籍

『風邪の効用』

風邪を引くことがいかに大切か

その風邪が通り抜けやすい体に保てるかが大切だと

とても納得できる事だらけのバイブルのような本です♪

 

そして、風邪を引く状態というのは

どこかだけが頑張りすぎて体から力みが抜けない時。

仕事のプレゼンや何かの試合や趣味の発表会など

何か大切な事までは気が張っていて

終わった途端、ドドドッと疲れを感じて風邪を引く…

皆さんにも思い当たる事、ありませんか?

それは風邪を引く事で体の力みを取る作用だと思うと

色々納得する事が多いです。

 

そして大切なのは、発熱後。

いわゆる病み上がり。

平熱に戻ったときにすぐアクティブになるとぶり返すそうですよ。

私の平熱も絶好調の時は36.7〜37.0。

筋肉量があるから?!割と高めなのです。

36.3ではちょっと低いのでまだ病み上がりってことかな?^^;

とうい事で、今日はまだ少し自分を労わりつつ…

皆さんも疲れが抜けない時はとにかく弛める!

ジャイロトニック®️も優しめモードでサポートします

 

風邪を引くと“鬼の撹乱”と言われる

千葉県浦安市 ジャイロトニック®️スタジオ

Studio earlybird のEmikoでした(*^^*)

***************************************************

本部公式 動画はこちら↓

【ジャイロトニック®️メソッド 日本語訳】

***************************************************

 

共通言語は《呼吸と背骨》

人生は楽しいかい?

タイトルでもあり、このキーワードで綴られるこちらの本↓

右上の太っちょなロシア人おじさんがユーモアたっぷりに語る内容は

ロシア特殊部隊が生み出した格闘技【SYSTEMA(システマ)】について語られた本。

(格闘技の内容では無いです。人生論ですね。面白いですよ!)

 

先日、このシステマ実践講義に参加してきました。

しかも太っちょおじさんのモデルでもあるシステマ創始者のミカエル・リャブコさんが

直接指導されるという講義!!人生二度目なのに!いきなり参加(笑)

 

知人がやっている事で以前から興味があり、実は1年ほど前にもイベント講義に参加して

ものすごーく楽しく、通いたいと思いながら丸一年経過。。。

今回は初システマの我が子も連れての参戦でした。

(初心者、初参加もOKだったのです。(^^;;)

 

えっ?!先生、格闘技やるんですか?!』

『何のために?!』

『ジャイロトニックやジャイロキネシスやヨガに関係無いよね??』

という疑問質問もあると思いますが(^^;;

意外や意外!繋がってます!

 

システマは、いわゆる殴ったり蹴ったりの戦闘モードな格闘技ではないです。

どちらかと言うと合気道などの武術な感じ。

(もちろん上級者になればそう言うのもやると思いますが。)

 

自分から攻撃を仕掛けるのではなく、パワーでやっつけるのでもなく

相手がどう仕掛けて来ようとも自分がブレなければ倒れない

そう。この【自分がブレない】って言うのがキーワードのようです。

実践講義でも相撲のぶつかり稽古の様に、老若男女ダレカレ構わず組み合うのですが

力で抵抗しようとしたり、焦って振り解こうとすればするほど出来ず

スッと落ち着いた呼吸で自分のポジションを立て直すと

勝手に相手が倒れて行くのです!コレ、面白かったーー\(^o^)/

 

ベイマックスのように、まん丸のお腹で立っているミカエルさんに

全力でタックルしに行っても、フワフワのお肉の中に凄く強い鉄の棒が通っていて

全くどうにも出来ないどころか、いつの間にか地面に転がされているという不思議現象。

そして転がされながらいい歳をした大人たちが心から笑っているという

格闘技場と思えないコレまた不思議現象(笑)

 

実践中に組み合ったインストラクターの方々も言っていましたし

最後のディスカッションでもミカエルさん自身も言っていましたが

強さって言うものは誰かよりパワーが強いとかじゃなくて

心身ともに自分がいつも心地よいポジションに居て、ブレない事。

自分の心地よいポジションを知っていれば、相手がどう攻撃を仕掛けてきても

いつでも自分の軸に戻る事が出来る。受け流せば勝手に相手は倒れる。

自ら攻撃して余計に傷つく事はない。

 

この考え方って、現代人にとっっても必要だと思いませんか?

肉体的にも精神的にも。

 

そしてこの心身ともにブレない土台として大切なのが

背骨】と言っていました。

『老いは背骨から』

『背骨の可動域が広ければ老いは来ない』

そして

全てのトレーニングは呼吸と共に』

『呼吸こそ全ての始まり。呼吸が乱れていたら自分のポジションを探せない』

という事も言っていました。

 

呼吸が浅く眉間にシワを寄せたまま歩き、電車内で肩がぶつかっただけで殴り合う様な

ストレスフルな現代社会において、惑わされず自分の居心地の良いポジションを探す事。

それは禅やヨガでの内観にも通じます。

そしてもちろんジャイロトニックやジャイロキネシスでも!

正しいポーズを取る事より、呼吸と共にいかに心地良く動き続ける事ができるか?

そうする事で《型》ではなく、自然に良いポジションに導かれる。

 

ロシア特殊部隊のシステマも

インド発祥のヨガも

アメリカ発祥のジャイロトニックやジャイロキネシスも

日本古来の合気道や古武道も。

突き詰めると目指すところは同じなんだなぁ〜^ – ^

これからも世界共通言語の《呼吸と背骨

楽しみながら突き詰めていきたいと思いました^_^

 

自分の居心地の良いポジションが判らない(・_・;

そんな悩める現代人にこそ、呼吸と背骨の大切さをお伝えしたい!

格闘技/システマではハードル高い(^^;;と思う方は

まずはジャイロトニックから!

大丈夫。いきなり転がしません。優しく教えます(笑)

 

**************************************************

千葉県浦安市 ジャイロトニックスタジオ

Studio earlybird のEmikoでした(*^^*)